お役立ちコラム

捨て方に悩むダンベル・バーベルの処分方法6選

筋トレをはじめようと思って購入したけど、実際にあまり使わないし処分したくても重くてなかなか処分できない…

このようなお悩みの方も多いのではないでしょうか?

ダンベルは破棄処分以外にも売却したり無料で賢く手放すこともできます。

そこで今回は、自治体の処分方法以外にもダンベル・バーベルを上手に処分できる方法をご紹介していきます。

ダンベルは何にゴミになるのか?

ダンベル・バーベルは何ゴミ?

ダンベルは地域によって多少の基準がことなりますが一般的には粗大ごみの扱いになります。

粗大ごみの基準は基本的に一辺の長さが30cmを超えると大型ごみ、30cm以内だと不燃ゴミに分類されることが多いです。

ダンベルやバーベルは「大きさ」「素材」「重さ」によってもゴミの種類や処分料金が変わってきます。

地域によっては、バラバラに分解すれば不燃ごみとして処分できる地域もあるため、詳しくはお住まいの地域の自治体にご確認ください。

自治体で粗大ゴミとして処分する場合

自治体の粗大ごみで処分

自治体で粗大ゴミの粗大ごみで処分する際は、「収集での処分」「処分場に直接持ち込む」の2つの方法があります。

収集での処分

自治体で処分

自治体の粗大ごみとして収集に来てもらう方法になります。

収集の場合は、どこの地域でも事前の予約が必要になります。即日の処分と家からの運び出しは対応していないため、注意が必要です。

収集で粗大ごみとして処分するメリットは処分料の安さです。ダンベルでも数百円から1000円程度で処分できるため金銭的な負担はあまりないでしょう。

しかし、引越しなどで大量に処分する場合は処分が間に合わないときがあるので、そのような場合は民間の回収サービスを使う必要があります。

引越し繁忙期の時期は処分予約が取りづらくなるため、ダンベルを処分する際は、早めに予約をしておきましょう。

持ち込みでの処分

粗大ごみを直接持ち込んで処分

直接クリーンセンターに持ち込んで処分する方法です。直接持ち込んで処分できる地域のお住いの方は積極的に活用してみるのもありです。

直接持ち込む際は、粗大ゴミの収集より安い金額で処分でき「キロ=◯円」のような重量で処分料が決まる地域や「1点あたり◯円」のような点数で決まる地域もあります。

自家用車やレンタカーを使ってまとめて大量に処分したい際に有効な処分方法です。

ダンベル・バーベルのような重量物は運ぶ作業が大変ですが、持ち運びできる場合は検討してみるのも良いでしょう。

ダンベル・バーベルの処分方法6選

ダンベル・バーベルの処分方法

いろいろな状況に合った処分方法をご紹介していきます。

表を使って分かりやすく説明した後に状況別のおすすめの処分方法をご紹介していますので参考にしてください。

処分方法処分できる条件大量処分
ダンベル以外にも処分する物がある
・買取業者
・リサイクルショップ
☆☆
買取が決まればOK
不可
・オークション
・フリマサイト
☆☆
売却できればOK
不可
・掲示板サイト
(ジモティー)
☆☆
欲しい人が見つかればOK
不可
・不用品回収業者★★★
状態問わずなんでもOK
【状況別】おすすめの処分方法

買取業者・リサイクルショップ

リサイクルショップに売却
手軽さ処分できる条件
☆☆買取が決まればOK

リサイクルショップや買取業者で買い取ってもらう方法です。

大手のリサイクルショップ「トレジャーファクトリー」「オフハウス」「セカンドストリート」ではダンベルやバーベルの買取販売も行っています。

高額なダンベルや状態が良いものであれば査定金額が付くことも多く、意外と高値で買い取ってくれる場合も多いです。

ダンベルを持っていく際は、事前に店舗に買い取ってくれるかの確認をして持っていくようにしましょう。

ヤフオク・メルカリ(オークション・フリマサイト)

フリマサイトで売却
手軽さ処分できる条件
☆☆販売できればOK

個人売買で手軽に販売したいという方向けの売却を利用した処分方法です。

「ヤフーオークション」のようなオークションサイトや「メルカリ」「ラクマ」のようなフリマサイトを使って販売します。

実際の販売履歴を見ても分かる通り、ダンベルのプレート、シャフト単体で販売できたり、まとめてセットとしても販売可能。

重量があるため、小さい割には送料が高くなりますが、自分の好きな金額で販売できる点はメリットになります。

しかし、物や状態によっては売れ行きが悪いダンベルもあるため、処分を急いでいる方には不向きな処分方法になります。

地域の掲示板サイト

ジモティーで譲る
手軽さ処分できる条件
☆☆買取が決まればOK

とにかく無料で処分したいという方は、欲しい人に譲渡することで無料で上手に処分することができます。

ジモティーという無料で利用できるサイトを使い、欲しい人を探します。

実際にダンベルやバーベルの取引履歴を見てもやり取りが成立されているので、無料であれば欲しい人もすぐに見つけやすいでしょう。

ダンベルのような重い商品の場合は、「運び出しを手伝ってくれる方限定」などの条件をつけることもできます。

しかし、個人間のやり取りになるので「約束時間に来ない」「いきなり音信不通になった」などのちょっとしたトラブルもあります。

そのため、処分を急いでいる方には不向きです。時間に余裕があり、無料で処分したいという方向けの処分方法になります。

不用品回収業者

不用品回収業者に依頼
手軽さ処分できる条件
★★どんな状態のものでも回収可能。大量処分も可能

不用品回収業者は、自治体の粗大ごみで対応していない「運び出し」「即日対応」「大量処分」などをサービスとして提供している業者になります。

回収料金はサービス料金も含まれているため、単体で処分する場合は自治体の粗大ごみに比べて割高に。しかし、まとめて処分できる積み放題パックなどのサービスを使うことで比較的安価な料金で処分することもできます。

自治体の粗大ごみ処分で困っている時に活用したいサービスになり、手間をかけたくない方向けの処分方法になります。

ダンベルの処分でお困りの方はトラッシュアップにお任せください!

不用品回収ならトラッシュアップにお任せください!

トラッシュアップでは、リサイクル・リユースを目的として、回収を行っているため不用品回収業者の中では関東エリア最安値水準の価格設定となっています。

料金体系はシンプルで料金の中に「運び出し料金」「人件費」など全て含まれた明朗価格です。

毎年1800件以上のご依頼をいただき、お客様に満足いただいています。他社様との相見積もりも大歓迎なので、回収料金のみ知りたいという方もお気軽にご相談ください。

ご利用いただいたお客様の口コミ

当社トラッシュアップは、価格・サービスともにGoogle口コミおよびお客様アンケートで非常に高い評価をいただいております。
また、安いだけではない質の高さも追及し続けています。

運び出しサービス付きだから安心!お得な15000円積み放題パック

実際の回収事例
【事例1】大型のベッドフレーム・マットレスを含めてもこの価格!
【事例2】電子レンジ・冷蔵庫・小型のテレビも一緒に

粗大ごみが運び出せなくて困っている方も安心♪

15,000円のパック料金でもこんなに積み込むことができます(実際の回収事例です。画像クリックで詳細が見れます。)

※トラッシュアップでの回収事例になります。他社様の回収料金とお比べください。

ダンベル・バーベルを処分する方法【まとめ】

ダンベルを破棄されている方も多いと思いますが、ダンベルは以外に売却できる物になるので少しでもお金に変えたいという方は売却も処分方法の1つとして検討されてみてはいかがでしょうか?

その他にも、掲示板サイトを使って運び出しを手伝ってくれる方を探すこともできます。

粗大ごみの処分が困難な場合は、不用品回収業者の処分代行サービスを利用するという選択肢を検討するのもありです。

処分方法もご自身の状況によって変わってきますので、ご自身に合った処分方法をお選びください。

この記事の執筆者

不用品回収ならトラッシュアップにお任せください!

東京都内を中心に関東エリアで年間1,800件以上の対応実績がある不用品回収の専門企業。メディアでも多数取り上げられている不用品回収のプロが豊富な知識と経験をもとに分かりやすく解説しています。

株式会社トラッシュアップの会社概要はこちら

料金だけ知りたいお客様も
お気軽にお問い合わせ下さい

最後まで丁寧な対応をお約束します
0120-370-241

ご相談・お見積りは完全無料
受付時間 9:30~18:30(月曜除く)

メールでお見積り LINEでお見積り