お役立ちコラム

【横須賀市】冷蔵庫の処分方法7選│この記事を見れば全て解決!

横須賀市│冷蔵庫の処分方法

横須賀市で冷蔵庫を処分したいけれど、以下のようなお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

  • 冷蔵庫をどのように処分すれば良いか分からない
  • 冷蔵庫が重たすぎて家から運び出すのが難しい
  • なるべく安く処分したい
  • すぐに処分できる方法が知りたい

冷蔵庫は「家電リサイクル法」に従った正しい処分方法が必要なため、粗大ごみとして処分ができません。

そこで、この記事では処分業を専門とする株式会社トラッシュアップがプロの視点で「冷蔵庫の正しい処分方法」と、あなたの状況に合った処分方法が見つかるように「7つの処分術」をご案内します。

この記事で分かること
  • 冷蔵庫の正しい処分方法
  • 処分費用をなるべく安く抑えたい方向けの処分方法
  • 処分を急いでいる方もすぐに確実に処分できる方法

この記事を見ることで、すぐに処分する方法が分かり、損をすることなく冷蔵庫が処分できるようになります。

横須賀市で冷蔵庫の処分に困っている方は最後までご覧ください。

記事本編に入る前に

「冷蔵庫の他にも処分したい物がある…」「家の外へ運び出しができない…」そんな方はトラッシュアップにお任せください!

不用品回収ならトラッシュアップにお任せください!

この物量でも15,000円!のお得な積み放題プラン(運び出し費用なども全てコミコミ価格!)
容量内で組み合わせ自由・状態問わず※一部例外あり

【事例1】大型のベッドフレーム・マットレスの解体・運び出しを含めてもこの価格!
【事例2】電子レンジ・冷蔵庫・小型のテレビも一緒に

トラッシュアップの回収処分なら電話1本ですぐに処分可能です。

処分したいものがたくさんある場合は15,000円のパック料金でもこんなに積み込むことができます。

※トラッシュアップでの回収事例になります。他社様の回収料金とお比べください。

横須賀市で冷蔵庫は(一般ごみ)として処分できません

冷蔵庫は、「家電リサイクル法」で定められた家電4品目(冷蔵庫・洗濯機・テレビ・エアコン)に該当するため、一般ごみや粗大ゴミとは異なる方法での処分が必要です。

冷蔵庫の場合は、「家庭用機器」が家電リサイクル法の対象となり、「業務用機器」は、たとえ家庭で使っているものであっても対象外になります。
参照:一般財団法人 家電製品協会「冷蔵庫・冷凍庫料金表 対象機器の見分け方」

家庭用機器に該当する冷蔵庫は、資源を有効活用するためにリサイクルが義務付けられており、「正しい手順」での処分が求められます。

さらに、処分費用として「家電リサイクル料金」と「収集運搬料金」を負担しなくてはなりません。

まずは、「家電リサイクル料金」と「収集運搬料金」の詳しい金額について解説していきます。

家電リサイクル法に基づく処分方法の料金

冷蔵庫を処分するためには、「家電リサイクル料金」と「収集運搬料金」が費用としてかかります。

「家電リサイクル料金」と「収集運搬料金」の金額目安は以下の通りです。

対象品 家電
リサイクル料
収集
運搬料
冷蔵庫 3,740円~6,149円 2,500円〜10,000円
処分時に必ずかかる費用
  • 家電リサイクル料金…家電をリサイクルする際にかかる費用
  • 収集運搬料金…業者が指定された引取所まで運搬する際にかかる費用

冷蔵庫の「家電リサイクル料金」は、「サイズ」と「メーカー名」によって異なります。

まず、「サイズ」は、内容積が170リットル以下のものを「小」、171リットル以上なら「大」と区別されます。

なお、内容積の調べ方には、以下2つの方法がありますのでご参照ください。

冷蔵庫「内容積」の調べ方

1.冷蔵庫の扉を開いた内側に貼ってあるシールに記載された「全定格内容積(全有効内容積)」の数値を確認する

冷蔵庫の容量の調べ方
※「全定格内容積(全有効内容積)の値=内容積の値となる)

2.本体の寸法をもとに確認する(破損や汚損等で定格内容積が読み取れない場合)
・高さ・幅・奥行のうち、最も長い寸法がが1,300㎜未満=「小」
・高さ・幅・奥行のうち、最も長い寸法がが1,300㎜以上=「大」

次に「メーカー名」は、以下のような国内大手の主要メーカーか否かで判断されます。

冷蔵庫の「主要メーカー」一覧

 シャープ・東芝・パナソニック・三洋・日立・富士通・三菱

「家電リサイクル料金」は、「サイズ」と「メーカー名」の掛け合わせで、以下のように決められています。

サイズ メーカー 家電リサイクル料金
小(内容積170L以下) 国内主要メーカー 3,740円
その他 3,740円~5,599円
大(内容積171L以上) 国内主要メーカー 4,730円
その他 4,730円~6,149円

冷蔵庫の「収集運搬料」は、業者によってそれぞれ価格が違います。

依頼する業者によってかなり金額の開きがあるため、処分コストを安く抑えたい場合は、「収集運搬料」をひとつの基準にすると良いでしょう。

さらに、処分の仕方によっては、出張費や作業費・階段費などが「その他の追加費用」として加算されることも珍しくありません。

出張費:家まで回収に来てもらう際の費用
作業費:部屋の外へ運び出しをお願いする際にかかる費用
階段費:2階以上の高層階からに地上まで冷蔵庫を降ろすための費用

「家電リサイクル料金」と「収集運搬料金」だけでも最低6,000円以上かかることに加え、「その他の追加費用」まで含めると「冷蔵庫の処分費用は思った以上に高額だな」と感じる方も多いのではないでしょうか。

そこで、次の章では、「安く」冷蔵庫を処分したい方におすすめの方法をはじめとするあなたに合った処分方法が見つかるように、「7つの方法」をプロ目線でご紹介します。

重たい冷蔵庫を自分で運ぶ手間なく「楽に」処分できる方法や、日時を指定してスピーディーに処分できる方法も要チェックです。

横須賀市で冷蔵庫を処分する方法7選

横須賀市で冷蔵庫を処分する方法は、大きく分けて7つあります。

各処分方法の特徴を、以下の表にまとめて比較しました。

スワイプで横にスクロールできます。

処分方法 総合
評価
運び出し
対応
リサイクル
料金
即日
処分
①家電量販店 ☆☆ 可能 必要 不可
②家電リサイクル券取扱業者 ☆☆ 不可 必要 業者により
異なる
③指定引取場所(持込み) ★★ 不可 必要 可能
④買取業者リサイクルショップ ★★ 可能 不要 不可
⑤フリマアプリオークション ★★ 不可 不要 不可
⑥ジモティー ★★ 不可 不要 不可
⑦不用品回収業者
サービス特化
★★★ 可能 不要 可能

※不用品回収業者は回収費用の中に「家電リサイクル料金」「収集運搬料金」などの費用が含まれているため、不要としています。

「家電リサイクル料金」と「収集運搬料金」を払わずに処分できる方法は、以下4つです。

対象となる冷蔵庫を買い取ってもらい、お金に換えられる可能性があるのは「買取業者・リサイクルショップ」です。

「買取業者・リサイクルショップ」で買取りできなかった場合でも、「フリマ・オークションサイト」を使えば、販売できる可能性があります。

販売は難しいけど、動作には問題なくまだまだ使用できる冷蔵庫の場合は、「ジモティー」を利用して欲しい人に無料で譲る方法がおすすめです。

「処分を急いでいる方」や「冷蔵庫以外にもまとめて不用品を処分したい方」は不用品回収業者がおすすめです。

不用品回収業者は、処分に特化した専門業者で他の処分方法では対応していないサービスを提供しています。そのため、重たい冷蔵庫の処分も業者に全て任せられるので即日で簡単に処分することができます。

次の章では、各処分方法のメリット・デメリットをふまえながら、さらに詳しく解説していきます。

方法1│家電量販店

家電量販店で処分
処分にかかる費用
6,240円〜
「家電リサイクル料金」+「収集運搬料金」
処分のみで訪問回収の場合は、出張費用もプラスされます。(家電量販店により料金が異なる)

横須賀市では、過去に購入した販売店が分かる方や、冷蔵庫を新しく買い替える方には、家電量販店への引き取り依頼を推奨しています。
参照:横須賀市HP「ごみの分別区分一覧 エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、冷蔵庫・衣類乾燥機」

とくに、家電量販店での処分は、冷蔵庫の「買い替え」を検討している方におすすめの方法です。

家電量販店では、購入した新しい冷蔵庫の配送時に、古い冷蔵庫の回収もまとめて対応してくれます。

重たい冷蔵庫の入れ替え作業を、自分の手を出すことなく一度に済ませてしまいたい方には良いでしょう。

一方、買い替えをせずに、家電量販店で冷蔵庫の「処分のみ」を依頼することも可能です。

その際、方法は「店舗への持ち込み」か「訪問回収に来てもらう」いずれかの方法になります。

それぞれ、メリットやデメリットは以下のとおりです。

家電量販店で冷蔵庫を処分する方法
  1. 「買い替え」に伴う処分   ←最もメリットを感じられる
  2. 「持ち込み」で処分のみ行う ←出張費不要だが労力がかかる
  3. 「訪問回収」で処分のみ行う ←処分費用がやや割高

横須賀市内には、ヤマダデンキやノジマ、コジマ×ビックカメラなどメジャーな家電量販店が複数あり、冷蔵庫の買い替えをサポートするお得なサービスも展開されています。

新しい冷蔵庫への買い替えを検討している方は、まずは、お近くの店舗の公式サイトをチェックしてみてください。

処分の流れ

事前に処分する冷蔵庫の「メーカー名」と「内容量」の確認をしておきましょう。

  • 家電量販店へ行く
  • 「冷蔵庫を新しく買い替える」「冷蔵庫の処分のみ」いずれか選択
  • 料金を支払い、処分する日の予定を調整
    ※店舗によって「収集運搬料金」は当日現金で作業員にお支払い

横須賀市の家電量販店

ヤマダデンキテックランド
横須賀店
所在地:神奈川県横須賀市日の出町3-3-3
TEL:046-822-4960
受付日:日曜~土曜
営業時間:10:00~21:00
定休日:無
駐車場の有無:有
ノジマ
横須賀店
所在地:神奈川県横須賀市平成町3丁目28-2  nojimaモール横須賀2階
TEL:046-828-7011
受付日:日曜~土曜
営業時間:10:00~20:00
定休日:無
駐車場の有無:有(759台)
コジマ✕ビックカメラ
横須賀店
所在地:神奈川県横須賀市日の出町3-16-1
TEL:046-828-3500
受付日:日曜~土曜
営業時間:10:00~20:00
定休日:無
駐車場の有無:有(210台)
新しく冷蔵庫を買い替える場合

家電量販店で新しい冷蔵庫に買い替えると、配送の際に、古い冷蔵庫を引き取ってもらえます。

作業的なメリットとしては、業者の手で搬出・回収・設置をまとめて対応してもらえるため、負担が少ない点が挙げられます。

金銭的なメリットでは、店舗によっては「出張費」をカットできたり、「収集運搬料金」が安くなったりするため、処分コストを節約したい方におすすめです。

さらに、横須賀市内の大手家電量販店では、以下のような買い替えをサポートする取り組みが行われています。

ヤマダデンキ:「大型家電買取キャンペーン」で、まだ使える冷蔵庫を最大50,000円で買取り

ビックカメラ:「下取りキャンペーン」で、年式や状態問わず冷蔵庫を最大20,000円で下取り可能

ノジマ:家電業界初の下取りサービス「下取りチェッカー」で市場買取価格での下取り可能

お近くの店舗の公式HPをチェックして、賢くキャンペーンを活用しながら処分すると良いでしょう。

(一例)ヤマダデンキで買い替えた場合の費用

製品:パナソニック 156L 冷蔵庫の処分(同サイズで買い替え)
合計:6,240円~(回収先・回収日が異なる場合などは追加料金有)
※税込表記となっています。

料金内訳
・家電リサイクル料金:3,740円
・収集運搬料金:2,500円
・出張費:無

その他の追加になる可能性がある費用
・階段費:階数や条件などに応じて別途請求

調査店:ヤマダデンキ テックランド横須賀店

冷蔵庫の処分のみ依頼する場合

家電量販店では、引取り処分のみを、過去に冷蔵庫を購入した店舗へ頼むことも可能です。

依頼方法は2パターンで、「店舗へ自分で持ち込む」「訪問回収を申し込む」どちらかを選択します。

「店舗への持ち込み」は、出張費をカットできるため一見するとお得感がありますが、重たい冷蔵庫を自分で店舗まで運び込む労力は計り知れません。

一方の「訪問回収」は、別途「出張費」が加算されるケースもあるため、処分コストがやや割高です。

さらに、訪問時間を細かく指定することが難しく、時期によっては希望が通らない場合もあるため、スケジュールにゆとりがない方にはおすすめできません。

また、繁忙シーズンなどは予約が取りづらい場合もあるため、処分を急ぐ方にとっては不向きな方法と言えるでしょう。

退去日が差し迫っているなど、急いで処分する必要がある方は、最短即日で対応してくれる「不用品回収業者」へ相談してみてください。

(一例)ヤマダデンキに回収のみ依頼

製品:パナソニック 156L 冷蔵庫の処分
合計:8,990円〜(条件によっては追加料金発生)
※税込表記となっています。

料金内訳
・家電リサイクル料金:3,740円
・収集運搬料金:2,500円
・出張費:2,750円

その他の追加になる可能性がある費用
・階段費:無(ドラム式の場合は1,000円~)
※階段により追加料金の可能性あり

調査店:ヤマダデンキ テックランド横須賀店

方法2│家電リサイクル券取扱業者

家電リサイクル協力店
処分にかかる費用
4,730円〜
「家電リサイクル料金」+「収集運搬料金」
依頼する業者により収集運搬料やサービスが異なります。

横須賀市では、冷蔵庫を過去に購入した店舗がなくなったり、買い替えの予定がなかったりする場合には、家電リサイクル券取扱業者へ収集依頼するよう案内しています。

家電リサイクル券取扱業者は、市が推奨している業者なので、初めて冷蔵庫を処分する方にも安心して利用できるでしょう。

ただし、業者によって、「サービス内容」や「料金」に大きな違いがありどの業者を選べば良いのか分かりにくい点がデメリットです。

サービス内容では、家の中から玄関先まで運び出す作業には対応していない業者や、予約できる日時が限られている業者などがあります。

料金では、収集運搬料金をはじめ、搬出費や階段費などの「その他の追加料金」は、業者ごとに金額が異なります。

そのため、ご自身で業者に1件ずつ問い合わせをして、料金やサービスを比較する手間がかかるでしょう。

横須賀市の公式HP内で、家電リサイクル券取扱業者6社の連絡先が紹介されていますので、お問い合わせの際はご参照ください。
参照:横須賀市HP「収集事業者一覧

「すぐに処分を検討している方」や「サービス重視」で業者を選んでいる方は「不用品回収業者」も合わせて検討してみるのも良いでしょう。

方法3│指定引取場所

指定引取所
処分にかかる費用
2,530円〜
「家電リサイクル料金」のみ
※ご自身で運ぶため、家電リサイクル料金のみで処分が可能。

「指定引取場所」へ持ち込む方法は、横須賀市が案内するなかで、最も処分費用が安く済む方法です。

「指定引取場所」とは、家電メーカーが全国に設置した、対象となる使用済み家電の引取り拠点のことをさします。

自分で冷蔵庫を運搬して持ち込むことで、「収集運搬料金」をかけずに、負担費用を「家電リサイクル料金」のみに抑えられる点が最大のメリットです。

ただし、横須賀市には指定引取場所が1か所しかないため、遠方の方にとっては、重たい冷蔵庫の処分先には利用しづらいというデメリットがあります。

高さと重量のある冷蔵庫を長距離輸送するにあたって、運ぶ過程でぶつけてしまう心配や、転倒など怪我の恐れも考えられるでしょう。

安全でスムーズな運び出しを目指す方は、処分のプロである「不用品回収業者」に搬出作業を任せてしまうことも一手です。

不用品回収業者は、出張費や作業費などの諸経費を全て含んだサービス料金になっているケースが多く、処分コスト的にもお得感があります。

横須賀市と近隣の指定取引場所

株式会社東産業・佐原事業所所在地:神奈川県横須賀市佐原4-404-18
TEL:046-822-3356
受付曜日:月曜~金曜、一部土曜
受付時間:(平日)9:00~11:30、13:00~16:30(一部土曜)9:00~11:30
休業日:一部土曜・日曜・祝日・夏期休業・年末年始
SBS即配サポート株式会社 幸浦デポ所在地:横浜市金沢区福浦二丁目16番13号
TEL:045-374-5563
受付曜日:月曜~土曜
受付時間:9:00~11:30、13:00~16:30
休業日:一部土曜・日曜・祝日・夏期休業・年末年始
引用元:横須賀市「ごみの分別区分一覧 エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、冷蔵庫・衣類乾燥機」

方法4│買取業者・リサイクルショップ

リサイクルショップに売却
処分にかかる費用
無料
※売却を利用して処分するので、処分費は無料。

「買取業者・リサイクルショップ」では、まだ使える冷蔵庫を買い取ってもらえる可能性があります。

買取りが成立すれば、無料で処分できるうえに、ちょっとした収入を得られる点がメリットです。

買い取ってもらえる冷蔵庫の条件として、製造から5〜10年以内の国内メーカー品であることが挙げられます。

横須賀市にある「スーパーセカンドストリート LIVINよこすか店」では、横須賀市の一部のエリアを対象に出張買取も受け付けていますので、興味のある方は問い合わせてみると良いでしょう。

大型の冷蔵庫や、買取りアイテムが複数ある場合には、出張買取に応じてもらえる可能性が高いです。

その他にも、横須賀市がおすすめする「おいくら」という一括査定サービスを利用する方法もあります。
参照:横須賀市「おいくら 一括査定の流れ」

「おいくら」は、一度の申し込みで、複数ショップの買取価格を比較できるサービスで上手に活用することで、高価買取の期待もできるでしょう。

東証プライム上場企業が運営している安心感もあるため、厳選された優良買取業者に査定を頼みたい方はチェックしてみてください。

ただし、冷蔵庫の状態次第では、査定額が安かったり、そもそも買い取ってもらえなかったりする場合もあります。

なるべく高値で販売したい方は、「フリマアプリ・オークション」を使って、自分の希望する価格で出品することも一手です。

横須賀市と近隣の買取業者・リサイクルショップ

スーパーセカンドストリート
LIVINよこすか店
所在地:神奈川県横須賀市平成町3丁目21番4号 LIVINよこすか店1F
TEL:046-828-4171
受付曜日:日曜~土曜
営業時間: 10:00~22:00
定休日:無
駐車場:有(947台)

方法5│フリマアプリ・オークション

フリマサイトで売却
処分にかかる費用
無料
※売却を利用して処分するので、処分費は無料。

「フリマアプリ・オークション」なら、買取業者やリサイクルショップで買い取ってもらえなかった冷蔵庫でも売れる可能性があります。

冷蔵庫の状態や年式、メーカーなどに左右されずに、需要さえあれば思わぬ高値が付く可能性もあるでしょう。

とくに高値での販売を目指す方は、「オークション形式」で落札価格を競わせることができる「ヤフオク」がおすすめです。

「ヤフオク」では、冷蔵庫に関する取引きが数千件規模で行われており、需要の高さがうかがえます。

フリマアプリ・オークションの利用が初めての方は、サポート体制が充実した「メルカリ」も良いでしょう。

事務局によるサポート体制が手厚いため、冷蔵庫のようなサイズが大きく配送時のトラブルが懸念されるアイテムでも販売しやすいです。

ただし、出品作業や取引完了後のやり取りを全て自分で行う手間がある点や、冷蔵庫の配送料が高額になりやすい点はデメリットと言えます。

梱包や配送の手間を面倒に感じる方は、梱包や配送をせずに直接近所の人に譲り渡せる「ジモティー」がおすすめです。

方法6│ジモティー

ジモティーを利用
処分にかかる費用
無料
人に譲渡して処分するので、処分費は無料。

ジモティーは、不用になった冷蔵庫の販売はもちろん、欲しい人へ無料で譲り渡すこともできる地域密着型の掲示板サービスです。

近所の人と取引ができるため、場合によっては車で直接取りに来てもらうなど、配送の手間がかかる大型家電でもスムーズに受け渡しできます。

また、フリマアプリやオークションサービスでは、取引成立時に手数料が発生するケースが多いですが、ジモティーの場合は登録料・手数料がすべて無料です。

さらに、受け渡し方法も自分で希望の形を指定できるため、搬出作業も含めて条件を提示することで、自分ひとりでは運び出しができない大型の冷蔵庫でも運び出しを手伝ってもらうことができます。

処分費用をかけずに処分したい方には、おすすめのサービスです。

ただし、どのタイミングで欲しい人が見つかるかは完全に運任せになるため、処分の確実性には欠ける点がデメリット。

希望するタイミングで確実に処分したい方や、急いで処分したい方には、電話1本で最短即日で回収に来てくれる「不用品回収業者」がおすすめです。

方法7│不用品回収業者

不用品回収業者に依頼
処分にかかる費用
8,500円〜
※処分に特化しているので、他の方法と比べても費用がそこまで変わらない。

不用品回収業者は、処分を専門に扱うプロならではの豊富なサービスを提供しており、電話1本で手間をかけずに冷蔵庫の処分を行えます。

最短で即日から対応しており、設置場所から運び出して回収するまでの一連の作業をすべて任せられるため、スムーズな処分が可能です。

自分で重たい冷蔵庫を持ち運ぶ必要がなく、プロの手腕で周囲に傷を付けたりぶつけたりすることのないよう安全に配慮された作業が期待できるでしょう。

万が一、傷や破損が見つかった場合でも損害外賠償保険に加入している業者であれば、全て保証してもらえます。

また、他の処分方法では難しい日時指定に対応した業者も多く、多忙なスケジュールの合間をぬって、すぐに処分したい方にはぴったりです。

さらに、不用品回収業者ならではの特徴として、分量を問わずに、他の不用品もまとめて回収できる点が挙げられます。

「トラック積み放題」など便利なサービスを利用して、ご家庭で放置されていた不用品やゴミもまとめて回収してもらえます。

しかし、不用品回収業者にもデメリットがあり、業者数が多いことで「何を基準にして選べば良いかわからない」など業者の選び方が難しい点です。

質の悪いサービスで法外な値段を請求する悪徳業者もいるため、業者選びのポイントはしっかり抑えておく必要があります。

優良業者の選び方を知りたいという方は、以下の記事で「優良業者の選び方のコツ」を分かりやすく解説していますので、参考にしてみてください。

横須賀市で冷蔵庫を処分する方法│まとめ

横須賀市で冷蔵庫を処分する「正しい処分方法」を解説し、シチュエーションごとに選択できる「7つの処分方法」を紹介しました。

重量のある冷蔵庫をスムーズに処分するには、かける労力とコストのバランスが重要です。

新しい冷蔵庫に買い替える予定があるなら、家電量販店へ処分も依頼すると、手間なく入れ替え作業を終えられます。

指定引取場所への持ち込みは、コスト自体は安価ですが、重たい冷蔵庫を持ち運ぶ労力が相当かかるでしょう。

重たい冷蔵庫を自分で運びたくない方は、サービス料金内に搬出費なども含まれた不用品回収業者がおすすめです。

処分方法によってメリットやデメリットは変わりますので、本記事を参考に、あなたが何を重視して冷蔵庫を処分したいか整理してみましょう。

この記事の執筆者

不用品回収ならトラッシュアップにお任せください!

東京都内を中心に関東エリアで年間1,800件以上の対応実績がある不用品回収の専門企業。メディアでも多数取り上げられている不用品回収のプロが豊富な知識と経験をもとに分かりやすく解説しています。

株式会社トラッシュアップの会社概要はこちら

料金だけ知りたいお客様も
お気軽にお問い合わせ下さい

最後まで丁寧な対応をお約束します
0120-370-241

ご相談・お見積りは完全無料
受付時間 9:30~18:30(月曜除く)

メールでお見積り LINEでお見積り