お役立ちコラム

不要になった布団の捨て方は?プロが教える処分方法8選!

布団の処分方法

布団を処分したいけれど「自治体の燃えるゴミに出せるの?」と疑問をお持ちの方や、「どんな処分方法があるのかを知りたい」という方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、自治体のゴミ回収も含めた「8つの処分方法」を分かりやすく解説していきます。

8つの処分方法の中には知っておくと便利なサービスもありますので、ぜひこの記事を参考にしてください。

\すぐに金額が分かる簡単お見積り! /
不用品回収ならトラッシュアップにお任せください!

トラッシュアップは、写真を撮って送るだけで見積もりができます。もちろん電話での見積もりも可能!
また、見積もり後の価格変更は一切ありません。
過去50,000件以上の案件をこなしてきたプロが、一瞬で不用品の総分量を見極め、正確な金額をお出しするからです。

写真を撮ってメールで送るだけでOK!

受付時間 24時間受付

写真を撮ってLINEで送るだけでOK!

受付時間 24時間受付

電話で品目を伝えるだけでOK!

0120-370-241受付時間9:30-18:30
(月曜除く)

布団の状態や状況によって処分方法が変わる。

新品や未開封の布団
フリマアプリ・オークション」や「ジモティー」などでお金に換えたり、無料で譲ることができます。

ブランド製など高級な布団は買取業者・リサイクルショップなどで買取ってもらえる可能性もあるので、状態が良ければ合わせて検討してみてください。

ダウン率50%以上の布団
羽毛布団の場合、品質タグを見てダウン率50%以上の製品なら無料で処分できます。

詳しくは「方法2|無料回収サービス」にて詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

布団の処分方法を8つご紹介

布団の処分方法の中には「無料で処分できる方法」や「布団以外の物もまとめて回収をしてくれる便利なサービス」など、様々な方法があります。

それぞれの処分方法のサービスを比較したあとに一つずつ解説していきます。

  • 自治体の可燃ごみ:布団を小さくカットして可燃ごみの袋で出します。
  • 無料回収サービス:羽毛布団のダウン率が50%以上なら利用できる回収サービス。イオンモールや百貨店などで無料回収を行っています。詳しくは「Green Down Project」からご確認ください。
  • ジモティー:引き取り手が見つかれば、無料で譲ることができます。

新品や未使用に近い布団なら、「フリマアプリ・オークション」を利用すれば売却できる可能性があります。

「引越し時で大量に処分する物がある場合」や「粗大ごみの処分が間に合わない」という方は不用品回収業者を利用すると便利です。

この料でも14,500円

写真のような物量になると、15,000円ほどでこれだけの量を積むことができます。

布団1枚の処分では、ほかの方法と比べ費用が割高になりますが、処分したい布団の枚数が多い場合や、ベッド・マットレスなど他の物もまとめて処分したい場合は、比較的費用も安くなります。

とにかく、不要な物をまとめて処分したいという方は、トラッシュアップにご相談ください。

布団の処分方法について1つずつ解説していきます。

方法1|自治体のごみ回収

自治体の収集処分

布団を自治体のゴミ回収に出す場合は、「粗大ごみ」として出すのが一般的ですが、お住まいの地域によっては一般ごみ(可燃・不燃)として出せる自治体もあります。

一般ごみ(可燃・不燃)は無料で出せますが、粗大ゴミは布団1点あたり200円~500円前後の処分費用が必要です。

一般ごみ(可燃・不燃)に出す

布団を細かくカットし、可燃ゴミとして出せば無料で処分できます。(※地域によってはカットしても粗大ゴミ扱いになる地域もあります。)

指定のゴミ袋がある自治体は、ゴミ袋に入っていれば家庭ゴミとして出せますので、袋に収まるように布団をカットしましょう。

指定のゴミ袋がない自治体でも、ゴミ出しルールの規定サイズに収まっていれば、家庭ゴミとして出せることも多いです。

サイズなど細かなルールは各自治体によって異なりますので、お住まいの地域の自治体のホームページなどで確認をしましょう。

可燃ごみで処分する場合の注意点として、布団をカットした際に飛散したカビやダニの死骸などを吸い込む危険性もあるため注意が必要です。

その他にも、厚みのある布団のカット作業は思いの外大変ですし、中綿や羽毛が散乱して後片付けに一苦労することも。

「健康面を損なうリスク」「カット作業の手間」を考えると、処分費用を支払って自治体の粗大ゴミ回収に出すのがおすすめです。

粗大ごみに出す

ゴミの処理費用を支払えば、自治体の粗大ゴミ回収に出せます。

処理費用は自治体によって異なり、費用は布団1点あたり200円~500円前後です。

比較的安く処分できるので、布団を処分する際は粗大ごみで処分しましょう。

粗大ゴミ回収のデメリットは、「処分日時の細かい指定ができない」処分を急いでいる時でもすぐに捨てられない」点です。

このような状況の場合は、不用品回収業者も合わせて検討しても良いでしょう。

粗大ゴミに出す手順
  • お住まいの地域の自治体で粗大ゴミ回収の申し込み。(インターネットか電話)
    ※申込時に処分に必要な金額を確認し、粗大ゴミを出す日時を決めます。
  • 必要な金額分の粗大ごみ処理券を購入(郵便局やコンビニなどで購入可能)
  • 粗大ゴミ処理券を布団に貼り付け、指定された日時の前に出しておく。
    ※指定された時間を過ぎると回収されません。

方法2|無料回収サービス

布団無料回収サービス

羽毛布団は、品質表示ラベルに記載されているダウン率が50%以上なら「Green Down Project」の無料回収サービスを利用して処分することができます。

Green Down Projectは全国のイオンモールや百貨店、クリーニング店などを通じてダウン製品の無料回収を行っている一般社団法人です。

不燃ゴミに出す時のような布団を細かくカットする作業が不要なので、手間をかけずに処分できます。

お近くのGreen Down Project加盟施設は、「Green Down Projectのホームページ」から検索できます。

各施設によって回収方法が異なりますので、事前に回収方法や手順を確認しておきましょう。

方法3|寝具販売店

寝具店

新しい布団の購入を考えている方は、寝具販売店で買い替え時に無料で引き取ってもらう方法もあります。

お持ちの布団の状態によっては下取りの対象となり、新品の購入価格から値引きをしてくれる店舗もあります。

また、「店舗まで布団を持ち込むのが大変」という方には、郵送を利用した回収処分に対応している店舗も多いです。

ただし、下取りは全ての布団が対象になっている訳ではなく、「羽毛布団のみ」「掛け布団のみ」など、布団の種類が限定されていることもあります。

下取りにならなくても、費用を支払えば引き取ってくれる店舗も多いので、新しい布団の購入を考えている方は、寝具販売店で買い替え時に処分する方法を検討するのもよいでしょう。

方法4|引越し業者

布団を引越し業者に処分依頼

引越し業者は基本的には、粗大ごみなどの回収を行っていませんが、以下の会社であれば当日での粗大ごみ処分にも対応しています。

  • アリさんマークの引越社(支店によって処分料は異なる。)
  • アップル引越センター

引っ越しを機に布団の処分を考えている方は、処分も対応している引越し業者に依頼するのも良いでしょう。

布団の処分費用はアップル引越センターの場合、布団一式(敷布団+掛け布団)で2,200円前後の料金相場ですが、引っ越しサービスを利用しないと処分が受けられません

引っ越しの予定がない方は「自治体のゴミ回収」など別の処分方法で検討しましょう。

方法5|フリマアプリ・オークション

フリマサイトで売却

「新品や未開封の布団」「高価な布団」をお持ちの方は、売却してお金に変える方法もあります。

出品から発送まですべてご自身で行う必要がありますが、販売できればお金に変わる可能性があります。

ただし、出品しても必ず売れるとは限らず、売れるまで長期間が必要になることもあるためすぐに布団を処分したい方には向きません。

状態が悪い布団の場合は売れにくいだけでなく、取引後にクレームになることも多いので、状態が良くない場合は思い切って「自治体のゴミ回収」で処分しましょう。

ダウンを50%以上含む布団であれば、「無料回収サービス」を合わせて検討してみるのも良いでしょう。

方法6|ジモティー

ジモティーを利用

お金をかけずに布団を処分したいという方は、「ジモティー」を使って欲しい人に譲る方法があります。

ジモティーは掲示板を使ってモノを販売したり、譲ったりできる地域密着型のコミュニティーサービスです。

投稿、やり取り、引き渡しまで全てご自身で行わなければなりませんが、手間をかけてでも直接取引ができれば、処分費用の節約にもつながります。

デメリットとして、必ずしも貰い手が見つかるとは限らず、貰い手が見つかるまで長期間を要する可能性があるため処分を急ぐ方には向きません。

また、「取引の途中で連絡がつかなくなった」「引き渡し後にクレームがきた」など、思わぬトラブルになることも。

「トラブルを避けたい」「確実に処分をしたい」という方は、「自治体のゴミ回収」に出すのがおすすめです。

布団の処分ついでにほかにも処分したいモノがある場合は、不要品をまとめて回収してくれる不用品回収業者」を検討するのも良いでしょう。

方法7|寄付・寄贈

布団を寄付

新品や新品同様の布団は、発展途上国の支援をする団体や養護施設などに寄付できます。

団体や施設によって「全国からの発送OK」「持込みのみ」など、寄付の受付方法が異なります。

また、団体や施設ごとに寄付できる布団の種類(掛け・敷きのみ・毛布のみなど)が異なっていますので、処分したい布団に合わせて寄付先を選びましょう。

時期や状況によって受け付けている布団の種類や、上限枚数が変わることもあります。

寄付の前に受け付けている布団の種類や枚数をご確認の上、持込や発送を検討すると良いでしょう。

方法8|不用品回収業者

不用品回収業者に依頼

「布団と一緒にベッドも処分したい」「粗大ごみの処分が間に合わない」場合は、不用品回収業者がおすすめです。

ベッドの場合は解体から運び出し、回収まで全ての作業を業者が行ってくれるので、ご自身で作業をする必要がありません。

業者があなたに代わって作業を行ってくれるので、処分品を運び出す時に床や壁に傷がついたり、持ち上げようとして腰を痛めたりするリスクも避けられます。

電話1本で即日回収にも対応」「あなたの状況に合わせた日時に回収に来てくれる」などの柔軟な対応も、不用品回収業者だけのサービスです。

ただし、不用品回収業者は業者の数も多くそれぞれ料金体系も大きく異なっているため、業者選びが難しい面もあります。

優良業者の選び方が知りたいという方に向けた不用品回収業者の選び方の記事も参考にしてみてください。

布団を処分する際の豆知識

布団の交換時期の目安や、布団を長持ちさせるコツを豆知識としてお伝えしていきます。

処分の目安にもなりますので、参考にしてみてください。

布団の交換時期の目安

布団の寿命は手入れによっても変わりますが、一般的には敷布団は購入から3~5年、綿の掛け布団は5~10年、羽毛布団は10~15年程度と言われています。

「寒く感じるようになった」「買った時より布団が薄くなった」場合は、中綿やダウンがへたって保温効果が失われている可能性も。

また、カビが見つかった場合も健康を害する可能性があることから、早期に処分や買い替えを検討するのがおすすめです。

布団を長持ちさせるコツ

定期的に布団を干すと中綿やダウンから湿気が抜け、布団が長持ちします。

綿布団は1~2週間に1回天日干し、羽毛や羊毛布団は1~2ヶ月に1度陰干しをするのが、布団を長持ちさせるための目安です。

布団を干さずにいると、汗や湿気を吸った中綿やダウンが潰れたままになって体の保温効果も失われます。

また、湿気の多い状態で布団を使用していると、ダニやカビも発生しやすくなります

布団を長持ちさせて交換時期を延ばせば、買い替えの頻度も低くなり家計にも優しくなるので、ぜひ実践してみてください。

布団を処分する方法|まとめ

  • 無料で処分したいなら布団を小さくカットして「一般ごみ(可燃・不燃)」に出す
  • 50%以上のダウンが使われている羽毛布団なら「無料回収サービス」を利用
  • 新品や使用感の少ない布団なら「フリマアプリ・オークション」で販売
  • 引っ越し予定があるなら「引っ越し業者」に相談してみる
  • 布団以外にも処分したいものがあるなら「不用品回収業者」に依頼

布団の処分について「自治体での処分方法」を始め、8つの処分方法を紹介してきました。

布団は状態や素材によって処分方法が異なり、さらに「すぐに処分したい」「布団の他にも一緒に処分したいものがある」など、あなたの状況によっても処分方法が変わってきます。

処分方法ごとにメリット・デメリットがありますので、ぜひこの記事を参考にあなたの状況にあった処分方法を見つけてください。

布団以外もまとめて処分したい方はトラッシュアップにお任せください!

不用品回収ならトラッシュアップにお任せください!

トラッシュアップでは、リサイクル・リユースを目的として、回収を行っているため不用品回収業者の中では関東エリア最安値水準の価格設定となっています。

こんな時でもおまかせください!
  • 布団以外も処分したいが、1点ずつ捨てるのが面倒くさい
  • カビや湿気がすごく、自分では触りたくない
  • 短時間でいっきに片付けたい
  • 引越し日までに処分が間に合わない

料金体系はシンプルで料金の中に「解体料」「運び出し料金」「人件費」など全て含まれた明朗価格です。

毎年1800件以上のご依頼をいただき、お客様にご満足いただいています。他の不用品回収業者との相見積もりも大歓迎なので、回収料金のみ知りたいという方もお気軽にご相談ください。

ご利用いただいたお客様の口コミ

トラッシュアップは、価格・サービスともにGoogle口コミおよびお客様アンケートで非常に高い評価をいただいております。
また、安いだけではない質の高さも追及し続けています。

運び出しサービス付きだから安心!お得な15000円積み放題パック

実際の回収事例
【事例1】大型のベッドフレーム・マットレスの解体・運び出しを含めてもこの価格!
【事例2】電子レンジ・冷蔵庫・小型のテレビも一緒に

引っ越しで粗大ごみの処分に困っている方も安心♪

粗大ゴミの他にも家電リサイクル対象商品(冷蔵庫・洗濯機・テレビ・エアコン)なども可能です。

15,000円のパック料金でもこんなに積み込むことができます(実際の回収事例です。画像クリックで詳細をご確認いただけます。)

※トラッシュアップでの回収事例になります。他社様の回収料金とお比べください。

料金だけ知りたいお客様も
お気軽にお問い合わせ下さい

最後まで丁寧な対応をお約束します
0120-370-241

ご相談・お見積りは完全無料
受付時間 9:30~18:30(月曜除く)

メールでお見積り LINEでお見積り