お役立ちコラム

マッサージチェアの処分は特殊?専門家が教える正しい処分方法

マッサージチェアの処分は普通の粗大ごみ処分とくらべて少し特殊な事情や注意点があります。
ポイントを押さえて最適な処分方法を選びましょう。

記事本編の前に

処分に困るマッサージチェアも安い金額で利用できる運び出しサービス。マッサージチェアの他にもまとめて処分したい場合はトラッシュアップにお任せください!

不用品回収ならトラッシュアップにお任せください!

この物量でも15,000円!のお得な積み放題プラン(運び出し費用なども全てコミコミ価格!)
(容量内で組み合わせ自由)

【事例1】大型のベッドフレーム・マットレスを含めてもこの価格!
【事例2】マットレス・ベットフレームの他に電子レンジやカーペットも一緒に

トラッシュアップの回収処分なら電話1本ですぐに処分可能です。

処分したいものがたくさんある場合は15,000円のパック料金でもこんなに積み込むことができます。

※トラッシュアップでの回収事例になります。他社様の回収料金とお比べください。

マッサージチェアは解体して処分できる?

解体して細かくすれば一般の可燃ごみや不燃ごみとして処分できないかとお考えの方もいらっしゃると思います。
しかしマッサージチェアに関しては解体はおすすめできません。

マッサージチェアは精密機器のため素人の解体は大変危険です。
通常のごみとして出してしまうと収集車の中で発火してしまうような部品も含まれていますので、細かく分別した上でそれぞれのパーツを適切に処分しなければなりません。
単純な不燃ごみとして捨てられない部品もありますので1つ1つ調べて適切に処理する必要があります。

精密機器であるマッサージチェアの場合は解体することによる手間やリスクが大きいため安易に取り組むことはやめましょう。どうしてもという場合は必ず専門家の指示を仰ぐようにしましょう。

マッサージチェアは自治体で粗大ごみとして処分は可能?

収集処分

一般家庭から出たマッサージチェアは粗大ごみとして自治体に回収してもらえる地域が多いですが、条件は自治体により異なります。対応してもらえる場合、料金は1,200円~2,800円前後の地域が多いです。

事業所から出たマッサージチェアの場合は基本的に自治体では回収できません。産業廃棄物運搬業者や不用品回収業者に依頼してください。

「重さ」の制限に要注意

ご自宅のマッサージチェアが自治体で回収可能かどうかは、自治体のホームページや書面だけでなく担当窓口にお電話で問い合わせてみることをおススメしています。
と言うのも、マッサージチェアは大きさ・重さ・素材が製品により大きく異なるため一律で判断できないためです。
特に製品ごとの違いが大きいのが「重さ」です。50kg~100kgを超えるものまであり、サイズの規定はクリアしていても重さで回収不可となるケースが多々あります。

いくつかの地域に問い合わせたところ、荒川区では50kgまで、港区では60kgまでと同じ23区内でもバラつきがありました。横浜市では75kgまでとなっており、自治体によって対応できる重さは様々である事が伺えます。こうした細かい案内はホームページ上に記載されていないことも多いため、面倒であっても一度電話で確認してみる方が確実です。

重さ制限で回収してもらえなかった場合、回収場所に放置された状態になってしまうほか、再度別の業者に手配しなおすなどの時間のロスが大きいです。引っ越しなどで退去日が決まっている場合は特に注意しましょう。

回収場所までの運び出しは自力です

自治体の回収の場合、部屋からの運び出しまでは原則対応してもらえません。玄関先、多層階の場合は1階の指定場所まで自力で運ぶ必要があります。
マッサージチェアはかなり重量があるため、自力で困難な場合は運び出しのサービスがある民間の不用品回収業者などを検討しましょう。

運び出しもまかせたいなら

不用品回収業者のトラッシュアップにおまかせ!
かなりの重量物でもプロのスタッフによる安全な運び出しでラクラク♪

自治体以外で処分する際の注意

前述の通り、マッサージチェアは大きさや重さにより自治体による回収の対象外であったり重さで自力での運び出しが困難であったりします。

その場合は自治体以外の処分方法を検討することになりますが、その際にまず注意すべき点がありますので先に解説します。

【重要】マッサージチェアは無届で売ってはいけない

不用品を手放す際に、一度は考えるのが「買取」や「個人売却」です。
しかしほとんどのマッサージチェアは「管理医療機器」という扱いになり、販売行為には届出が必要で無届では販売できません。

家庭用マッサージ器は管理医療機器に該当します。医薬品医療機器等法の規定により、販売を行う場合は事前に販売業の届出が必要です。

許可や届出無く医療機器をフリマサイト等で販売することは、たとえ1回のみの販売であっても医薬品医療機器等法に違反する恐れがあります。

東京都福祉保健局

一部フリマアプリやフリマサイトでは規約で出品自体が禁止されています。
出品できるアプリであっても「管理医療機器販売業」の届出をしている販売事業者以外の方が出品するのは控えましょう。
届出が無くどうしても売却したい場合、正式な届出をしている買取店に買い取ってもらいましょう。

次で、具体的な処分方法について解説します。

自治体以外のマッサージチェアの処分方法3選

マッサージチェアの処分方法

自治体以外での処分方法は、自治体処分にくらべ何かしらの利便性が良くなっている事が多いです。
それぞれの特徴やメリットデメリットを比較して、自分にとって最適な処分方法を選ぶようにして下さい。

おススメする処分方法は3つです。

  • 正式な届出をしている買取業者を利用
  • 家電量販店に依頼
  • 不用品回収業者に依頼

1.正式な届出をしている買取業者を利用

メリット

  • 処分費用がかからず、お金に換えることができる
  • 出張買取や運び出しにも対応している業者が多い

デメリット

  • 届出を出している正規の店か調べる必要がある
  • マッサージチェアの場合、買取基準は厳しい
確実性☆☆☆☆
手軽さ★★☆☆☆(出張買取の場合)
☆☆☆☆(持ち込みの場合)
費用★★★★★

「管理医療機器販売業」の届出をしている買取業者であれば、マッサージチェアを買取してもらう事が可能です。

マッサージチェアはほとんどのものが「管理医療機器」であるため無届の個人は販売できないと解説しましたが、それは事業者や中古品取扱店においても同じです。無届で取り扱っている違法店もありますので、買取をお願いする際はその店が届を出しているかしっかりと確認しましょう。

また、マッサージチェアは汚れ・使用感・機械の消耗具合がとても厳しく査定されます。製造年が古くなるほど買取も難しくなるため、使わなくなった段階で早めに決断しましょう。

この条件なら狙い目!

  • 使用感が無くキレイ
  • 人気メーカーまたは人気製品
  • 出張買取を受け付けてもらえる場合

2.家電量販店に依頼

メリット

  • 訪問回収に対応
  • 持ち込みであれば費用は安い

デメリット

  • 訪問回収の場合、費用は決して安くはない
  • 手続きがめんどうな場合がある
確実性★★★★★
手軽さ★★★☆☆(訪問回収の場合)
☆☆☆☆(持ち込みの場合)
費用★★★☆☆

一部の家電量販店では、家電の有料回収を自主的に行っています。
大手家電量販店にお願いすれば安心で確実ですね。

持ち込みであれば費用を抑えることができますが、マッサージチェアの大きさや重さを考えるとあまり現実的ではありません。
訪問回収となると費用の相場が7,700円~となり不用品回収業者とあまり変わらなくなってくる点にも注目して考えましょう。

申し込みは店頭のみのところもあるのでそうしたところでは手軽さはやや低くなります。

この条件なら狙い目!

  • 対応店舗が近所にある
  • 自分で持ち込みができる

有料回収を行っている家電量販店

1.ヤマダ電機

ヤマダ電機では一部の家電の有料回収を行っており、マッサージチェアもその対象です。
他社製品もOKで、大きさ・重さに関わらず下記の料金で受け付けています。(2023年1月現在)

持ち込み4,400円
訪問回収4,950円+訪問回収費2,750円
2023年1月現在の情報

申し込みは電話やオンラインではできず、店頭での申し込みが必要です。
新しいマッサージチェアを同時購入する場合、その製品が「下取り対象商品」であれば訪問回収費が無くなりますが、リサイクル費用は支払う必要があり無料での引き取りはできません。

2.ケーズデンキ

ケーズデンキでは小型~大型まで様々な家電の有料回収を行っており、マッサージチェアもその対象です。
他社製品でも受け付けてもらえます。

持ち込み4,400円
訪問回収4,400円+出張費3,300円~
2023年1月現在の情報

複数を収集する場合は、2台目以降1台につき2,200円の引取作業料が加算されます。
新しいマッサージチェアを同時購入する場合は配送と併せて行うため出張費が無くなりますが、リサイクル費用は支払う必要があり無料での引き取りはできません。

申し込みは店頭または電話でも受け付けているそうです。

3.ジャパネットたかた

ジャパネットたかたでは引き取りのみの依頼は受け付けていませんが、一部下取り対象商品を購入した場合は引き取りに対応しています。
料金や条件は購入する製品ごとに異なるため案内を確認してください。

3.不用品回収業者に依頼

引越し業者

メリット

  • めんどうな手続きが不要
  • 部屋からの運び出しもやってもらえる

デメリット

  • 費用がかかる
確実性★★★★★
手軽さ★★★★★
費用★★★☆☆

有料回収の中では不用品回収業者がもっともサービスが充実しています。
手続きは基本的に電話1本ですぐに手配でき、運び出しもプロが対応してくれ、他にも不用品があれば一緒にまとめて回収することも可能です。

マッサージチェア単品での回収料金は7,000円〜1万円が相場になりますので、家電量販店の訪問回収の相場(7,700円)とあまり変わらない金額となる点にも注目です。

1つだけ注意する点として、不法投棄や違法な処分を行う悪質業者の存在です。少なくなってきましたが、まだまだ悪質な業者は存在します。街中を走っている無料回収トラックは違法業者がほとんどですので、そういった業者は使わないようにしましょう。

この条件ならおススメ!

  • 信頼できる業者を知っている場合
  • 納得いく見積金額だった場合

確実に、ラクに処分したいなら

ここまで解説を進めてきましたが、マッサージチェアは他の家電とくらべて処分が難しいことがおわかりいただけたかと思います。面倒な手続き、対応してくれるお店探しをする手間、費用、どれかは妥協しなければなりません。

マッサージチェアを安心安全に手間をかけず処分したい場合は、不用品回収のトラッシュアップにお任せください!

  • 最短即日OK
  • 料金は最安値保証(他社のお見積書より1円でも高ければお値引き)
  • プロによる安全な運び出し
  • 自社工場での適切な処分

ご相談やお見積りだけのご連絡でも歓迎します。
東京・埼玉・神奈川・千葉でマッサージチェアの処分にお困りの方は、今すぐトラッシュアップの無料相談へ!

トラッシュアップなら
  • 業界最安値保証!
  • 自社工場で法令に基づく適正処分
  • お客様満足度98%!(Googleレビューにて)

誠実さを何よりも大切にしています。
ご質問やご相談のみでもお気軽にお問い合わせください!

電話受付は9:30~18:30(月曜除く)/メールは24時間受付

マッサージチェアの処分方法まとめ

通常の粗大ごみよりやや厄介なマッサージチェアの処分方法について解説いたしました。

売却または無料回収を希望するなら届出のある買取業者へ、それ以外は有料回収の中から選ぶことになります。
費用は自治体の有料回収が1,200円~2,800円、家電量販店での有料回収相場が7,700円、不用品回収業者の回収相場が7,000円~1万円となっています。

費用か、手間か、処分までにかかる時間か、どれを優先するかによりご自身にとって一番良い処分方法を見つけて下さいね。

この記事の執筆者

不用品回収ならトラッシュアップにお任せください!

東京都内を中心に関東エリアで年間1,800件以上の対応実績がある不用品回収の専門企業。メディアでも多数取り上げられている不用品回収のプロが豊富な知識と経験をもとに分かりやすく解説しています。

株式会社トラッシュアップの会社概要はこちら

料金だけ知りたいお客様も
お気軽にお問い合わせ下さい

最後まで丁寧な対応をお約束します
0120-370-241

ご相談・お見積りは完全無料
受付時間 9:30~18:30(月曜除く)

メールでお見積り LINEでお見積り