お役立ちコラム

タンスの処分は簡単!?賢く捨てるタンスの処分方法6選

タンスには大小さまざまなタイプがありますが、ほとんどすべてのケースで「粗大ごみ」という区分になり、手間かお金のどちらかをかけなくては処分できない物になります。

粗大ごみの処分方法といえば自治体の回収がもっとも一般的ですが、それだけではありません。自分で運ばずラクする方法や、手間をかければ無料で処分する方法もあります。

今回は、

  • 自治体での処分方法
  • 自治体以外で処分したい場合の方法6つ
  • 結局どの処分がよいのか?

この3つを主軸に、賢く捨てるタンスの処分方法をご紹介していきます!

\すぐに金額が分かる簡単お見積り! /
不用品回収ならトラッシュアップにお任せください!

トラッシュアップは、写真を撮って送るだけで見積もりができます。もちろん電話での見積もりも可能!
また、見積もり後の価格変更は一切ありません。
過去50,000件以上の案件をこなしてきたプロが、一瞬で不用品の総分量を見極め、正確な金額をお出しするからです。

写真を撮ってメールで送るだけでOK!

受付時間 24時間受付

写真を撮ってLINEで送るだけでOK!

受付時間 24時間受付

電話で品目を伝えるだけでOK!

0120-370-241受付時間9:30-18:30
(月曜除く)

【基本】タンスを粗大ごみとして自治体で処分する場合

粗大ごみの処分

地域により基準は若干前後しますが一般的には「一辺の長さが30cmを超える物」は通常のごみ集積所には捨てられません。

しかしタンスの場合であればほとんどすべての自治体が「粗大ごみ」として回収可能なので、まずは自治体で処分する方法を見ていきましょう。

自治体で処分すると回収費はいくら?

お住いの地域により異なりますが、200円~3,000円前後となります。

東京の都市部20区に対応する粗大ごみ受付センターの場合は、サイズにより下記のように設定されています。

大きさ回収金額
高さと幅の合計が135cm以下400円
高さと幅の合計が180cm以下800円
高さと幅の合計が270cm以下1,200円
高さと幅の合計が360cm以下2,000円
高さと幅の合計が360cm超2,800円

郊外であればこれより数百円ほど安い地域が多いので、お住いの市区町村のホームページを確認してみて下さい。

自治体での処分方法①:回収依頼

自治体の収集処分

自治体で粗大ごみを処分する場合の手順は下記になります。

  • お住いの地域の粗大ごみ受付窓口で回収の予約をする
  • 回収料金分のシールを購入する(コンビニ等で購入可能)
  • 予約当日、シールを貼って指定時間までに指定場所(玄関前等)に置いておく
    ※シールは見やすい位置に貼り、剥がれそうな場合はセロハンテープなどで補強する

通常ごみの延長のような感覚で出すことができます。

自治体回収の注意点

  • 都市部では回収予約が2週間~1ヵ月先になることが多い
  • 自身で運ばなければいけない(一階ゴミ置き場まで)

ただし自治体によっては、以下の条件にあてはまる世帯の方は運び出し作業を行ってもらえる場合があります。
予約の際に役場に確認・相談してみましょう。

以下の条件に当てはまる方

・要介護認定を受けている方
・身体障害者の方
・65歳以上の方
・けがや病気で長期療養中の方
・妊娠中の方
・その他搬出が困難と認められた世帯

自治体での処分方法②:持ち込み

粗大ごみを直接持ち込んで処分

自治体によっては、回収処分だけでなく指定のごみ処理場に直接持ち込みができる地域もあります。

基本的には回収処分より安い金額となり、処理場によっては無料で対応してくれるところもあります。

自分で持ち運ぶため回収処分と比べ手軽とは言えませんが、車をお持ちで自力で搬入できる足腰がある方にはおすすめです。

まずはお住いの地域で持ち込み可能な処分施設があるかどうかを確認してみましょう。

各自治体のホームページで確認できる他、下記の記事でも持ち込み可能な施設をまとめていますので併せてご覧ください。

安く処分できますが、回収処分と同じく都心部では1ヶ月以上先の予約が埋まっているなど、処分に時間がかかる事があります。

肉体的な労力と予約を待つ時間がかかる手段ですので、状況に合わせて検討するようにして下さい。

自治体で処分が難しい方!

自治体での処分が難しい方でも安い金額で利用できる「運び出し〜処分」代行サービス。粗大ごみをまとめて処分したい場合はトラッシュアップにお任せください!

不用品回収ならトラッシュアップにお任せください!

この物量でも15,000円!のお得な積み放題プラン(運び出し費用なども全てコミコミ価格!)
(容量内で組み合わせ自由)

【事例1】大型のベッドフレーム・マットレスの解体・運び出しを含めてもこの価格!
【事例2】電子レンジ・冷蔵庫・小型のテレビも一緒に

トラッシュアップの回収処分なら電話1本ですぐに処分可能です。

処分したいものがたくさんある場合は15,000円のパック料金でもこんなに積み込むことができます。もちろんタンス(単品)での回収も可能です!

※トラッシュアップでの回収事例になります。他社様の回収料金とお比べください。

賢く捨てる!タンスの処分方法6選

タンスの処分方法

ここからは自治体以外で処分したい方に向けて処分方法をご紹介していきます。

今回ご紹介する方法は6種類です。

ゴミとして捨てる以外にも、業者に回収してもらう、自分で売る、譲るなど様々な方法がありますのでご自身に合った方法を見つけてみてください。

処分方法手段手軽さ
番外:分解して通常ごみに自力
家具店で引き取り引取★★★
引越し業者で引き取り引取★★★
買取業者・買取サービス売却
オークションやフリマ売却
地域情報サイト売却★★
不用品回収業者回収★★★

【番外】 細かく分解し、通常ごみとして処分

手段手軽さ費用
自力★☆☆0円~

いきなり番外編となりますが、木のタンスであれば自力で細かくして通常ごみとして処分することは可能です。

お住いの地域により差はありますが、一般的には「1辺が30cm角」以内の可燃または不燃ごみであれば通常ごみとして集積所に出すことができます。

番外としているのはあまりおススメではないためですが、体力と根気があって費用は絶対無料にしたいという方は選択肢となります。

  • 1辺が30cm以内になるように切る
  • 不燃ごみが混じる場合は分別する
  • 自治体指定のごみ袋に入れ、集積所に出す(※個数指定がある場合は充分注意)

費用は0円ですが、解体用のノコギリなどを購入する場合はその費用がかかります。

無料かつ家庭で処分できるというのはとても魅力ではありますが、1人でやる場合は数時間~1日かかってしまうこともザラです。時間と体力に余裕を持って挑みましょう。

注意!!

規定通りのサイズに細かく裁断した場合でも、自治体によっては事業ごみや特殊ごみと見なされて回収してもらえないケースもあります。
自治体のルールを確認し、常識的な範囲で処分しましょう。

1.家具店に引き取ってもらう

家具屋
手段手軽さ費用
引き取り★★★0円~

タンスを買い替える予定があるなら、購入店舗で古い物を無料または格安で下取りしてくれる場合があります。

高級な家具屋さんでは対応しているところが多く、大手量販店でも一部対応しています。

購入品を届けに来た時に回収を同時に行ってくれるので、入れ替えのタイムラグが発生しないのがメリットです。

梱包作業や送料が発生しないこともメリットですが、玄関先までは自分で運ぶのが一般的です。

買い替えの場合には最もおススメな手段となりますので、購入店舗で下取りを行っているかは必ず確認するようにしましょう。

引取りサービスをやっているお店例

【ニトリ】
配送員設置商品対象(有料の組み立てサービスも可)
1回4,400円
購入商品の同数量、または同容量限定

【東京インテリア】
家具お届け時に回収
2,000円~サイズによる
購入商品と同数、同等の家具

2.引越し業者に引き取ってもらう

引越し業者
手段手軽さ費用
引き取り★★★要確認

引越しでタンスを手放す予定の方は、引っ越し業者に引き取ってもらえる場合があります。

退去時に確実に処分できる他、タンス以外の不用品もまとめて処分できるので引っ越し予定のある方にとっては便利なサービスです。

ただし家具家電の場合は回収が有料となる場合がほとんどで、物によっては不用品回収の専門業者よりも割高になるケースもあります。

サービスの有無や条件は会社によって異なるので、申し込む際は問い合わせてみましょう。

不用品回収を行っている会社例

3.買取業者・買取サービス

手段手軽さ費用
売却★☆☆0円~
売れた分プラス

状態が良い場合や高級品であれば、買取業者やリサイクルショップでも売却できる可能性があります。

高価格帯であれば訪問査定や訪問買取に応じてくれる業者も多く、運び出しのサービスが付く場合もあります。

個人売買よりも安心度が高くスピーディーに進められることもメリットの1つ。買取条件を満たすタンスであれば最もおトクで便利な処分方法と言えます。

しかしタンスは店舗の展示スペースを大きく取る品物であるため、買取可能かどうかは比較的厳しい基準で判断されます。

また、買取の可否や価格は各店によって大きく異なるため、複数の業者に査定をお願いするのが基本です。

訪問査定に対応していないショップには自力で持ち込み査定をする必要があり、そうした労力を払っても必ず買い取ってもらえる保証がないという点で手軽さとしては低めです。

希望価格がある場合はさらにハードルが上がるので、根気と時間に余裕を持って取り組みましょう。

4.オークションやフリマアプリ

手段手軽さ費用
売却★☆☆0円~
売れた分プラス

「オークションサイト」や「フリマアプリ」で売却する方法も、近年ではだいぶ身近になりました。

無料で手放せるだけでなく、うまく売れればプラスの収益もあるので多くの家具家電においておススメの処分方法です。

アンティークや高級タンスに関しては買取業者よりも良い値が付くこともあります。

しかし、普通のタンスに関しては少し考える必要があります。

タンスは衣類をしまう家具ですから使用感や状態は厳しめに判断されます。とても状態の良い物か高級品以外の売却はむずかしい傾向にあります。

また、売れた場合には

  • 自力での梱包や発送作業は非常に大変
  • 大きいため送料が高額になる

こうしたデメリットが大きいため、梱包もおまかせできる配送サービスを検討しましょう。

参考までに、梱包もおまかせできる配送サービスの料金目安をご紹介します。

梱包おまかせの配送サービス例

【らくらく家財宅急便】
・クロネコヤマトのサービス
・3辺合計450センチ以下、最長辺250センチ以下、高さ200センチ以下
・実重量150キロ以下
・100キロ以上は別途料金発生
・サイズによっては配送日数が通常よりかかる
・料金はサイズや配送距離による
・料金例:5,390円(200サイズ 東京~大阪間)

【たのメル便】
・メルカリの発送サービス
・80~450サイズまで対応
・匿名配送可能
・料金はサイズによる
・料金例:5,000円(200サイズ)

5.ジモティーなどの地域情報サイト

ジモティーで譲る
手段手軽さ費用
売却★★☆0円~

ジモティーなどの地域掲示板サイトを使って近隣の人に譲る方法もあります。

基本的には前述のオークション・フリマアプリでの売却とリスクは変わりません。

地域掲示板の場合は取引相手に直接引き取りに来てもらえたり、対面で受け渡しができるため送料や梱包手段を考える必要がないことが大きなメリットです。

値段はつかない事の方が多いですが、近隣かつ無料であれば引き取りたいという人も多いので、オークションやフリマアプリよりは引取り手が見つかる可能性が上がります。

ただし、処分したい期日までにタイミングよく引き取り手が見つからない場合もありますし、個人取引になるのでトラブルが多い事にも注意が必要です。

すでに地域掲示板を利用した経験があり、期日がなくゆっくり処分できる場合に検討してみて下さい。

6.不用品回収業者

手段手軽さ費用
有料回収★★★10,500円~

不用品回収業者は、自治体で対応できない分野をカバーする形で普及した「回収と処分を専門とするサービス事業者」です。

有料での回収に抵抗が無い場合は自治体よりも便利なサービスや手厚い補償を受ける事ができます。

不用品の回収や廃棄に関しては様々な法律が定められています。

それらをクリアし、必要な資格や認可を取得してきちんと運営している業者であれば自治体と同程度の安心度があると言えます。

  • 最短で即日対応が可能
  • 分別不要
  • 状態に関わらず確実に回収
  • 運び出しや輸送もお任せ
  • 作業中の事故にも補償がある

不用品回収業者のデメリット

ネックとなるのはやはり価格
サイズや素材にもよりますが、10,000円前後が回収料金の相場です。

そこで、ここだけの裏話をご紹介しましょう。

ほとんどの不用品回収業者は、単品回収のほかに、複数の不用品をまとめて処分できる「パック料金」というものを設けています。

正直なところ、単品で回収するのも一番安いパックで回収するのも作業費や人件費はあまり大きく変わらないため、大型家具であれば単品回収とほぼ変わらない金額でパック料金に移行できてしまうケースが多いのです。

タンス単品で10,000円はなかなか手が出ないという方も、他にも色々処分できて15,000円なら検討する余地が出てくるかもしれません。

例えばトラッシュアップの場合…

15,000円のパック料金で積める量(実際の回収事例です)

パック料金の設定は各業者で異なるため、必ず複数の業者に見積りを依頼し吟味することをおススメします。

予算がある場合は最初にそれを伝えて、タンスの他にどの程度回収可能かを聞いてみるのが確実です。

もし不用品回収業者を利用する場合はこの機会に大掃除をしておトクに回収してもらうようにしましょう。

トラッシュアップなら
  • タンスも含む複数の不用品をまとめて回収できるパック料金が15,000円から!
  • 東京・埼玉・千葉・神奈川エリアで最短即日対応!

タンスの処分方法まとめ

  • 安心して低価格で処分したいなら「自治体での回収・持ち込み」
  • 費用をかけたくないなら「細かく分解して通常ごみで処分」
  • 買い替え時なら「販売店で下取り」
  • 売却したいなら「買取業者」「オークションやフリマアプリ」「地域情報サイト」へ
  • 面倒ごとをすべて任せたいなら「引越し業者や不用品回収業者に依頼」

タンスの処分方法をご紹介しました。

「お金をかけたくない」「即日やすぐに処分したい」「売却したい」など目的により最適な処分方法は異なります。

どの処分方法にも一長一短がありますので、ご自身のシチュエーションに合った処分方法を選び気持ちよく処分しましょう。

この記事の執筆者

不用品回収ならトラッシュアップにお任せください!

東京都内を中心に関東エリアで年間1,800件以上の対応実績がある不用品回収の専門企業。メディアでも多数取り上げられている不用品回収のプロが豊富な知識と経験をもとに分かりやすく解説しています。

株式会社トラッシュアップの会社概要はこちら

料金だけ知りたいお客様も
お気軽にお問い合わせ下さい

最後まで丁寧な対応をお約束します
0120-370-241

ご相談・お見積りは完全無料
受付時間 9:30~18:30(月曜除く)

メールでお見積り LINEでお見積り